Microsoftは米国時間8月16日、「Microsoft Azure」上でのイベントベースのアプリケーション開発を支援する新サービス「Azure Event Grid」のプレビュー版を公開したと発表した。

 この新サービスは、イベントベースのサーバレスアプリケーションを開発しているプログラマーに対してより高次の抽象化を提供し、インフラやプロビジョニング、スケーラビリティについて悩まずに済むようにすることを目的としているという。

 Azure Compute担当ディレクターのCorey Sanders氏は「Azure上ではイベント関連のアプリが数多く開発されている」と述べている。Sanders氏は、この種のアプリにはIoT関連アプリやモバイルアプリ、業務プロセスを起動するアプリなどが含まれていると説明している。また、サーバレス型のコンピュートエンジンである「Azure Functions」や、サーバレス型のワークフローオーケストレーションエンジンである「Azure Logic Apps」によって、このようなイベントベースのソリューションの必要性が増しているという。

 なお、Amazon Web Services(AWS)の「AWS Lambda」に対抗するサービスであるAzure Functionsは2016年に一般提供が開始されている。

 Azure Event Gridの目的は、サーバレスイベントの管理を支援することだ。Sanders氏によると、Azure Event Gridを使用することでイベントはAzure上の第一級オブジェクトとなる一方で、Azure以外のサードパーティーのサービスとも連携できるようになるという。

 Azure Event Gridは、仮想マシン(VM)の生成や、ストレージへのファイルの追加といった、Azureのサービスやサードパーティーのサービスで発生したイベントの追跡などでユーザーを支援する。同社によると、Azure Event Gridの課金は、実際に使用している時間が対象となり、同サービスはイベントが発生した際にのみ起動、実行されるため、IoTのようなシナリオでも有用になるという。

 Azure Event Gridは、特定地域(当初は米国のみ)において同日よりプレビュー版が利用可能となっており、他の地域でも順次展開が予定されている。MicrosoftはAzure Event Gridの(プレビュー段階の)価格と、詳細を解説したページを用意している。また、Azure Event Gridのドキュメントには、同サービスがどのように動作するのかや、利用を始める方法といった開発者向けの豊富な情報も含まれている。

 

 

 

【関連記事】

Windows 10が視線追跡デバイスによる入力をサポート ~Insider Previewでテスト可能

スマホで閲覧中のWebページをPCへ送信 ~「Windows 10 Insider Preview」Build 16251