「ユーザーアカウント制御」という画面を非表示にできるのか
 アプリをインストールしようとしたり、設定を変更したときに、画面が暗転して「ユーザーアカウント制御」(UAC)というダイアログが出ることがある。「はい」をクリックすれば処理が進む。
 
 これはウィルスなどの被害を抑えるための機能。何らかの脆弱性を突破され、管理者権限が必要な重要な操作を行う場合に、ユーザーの承認を得るようにしているのだ。万一ウイルスの場合は、UACのおかげで処理を中断できる。
 
 とはいえ何らかの理由で、どうしても非表示にしたいなら、設定を変更する。UACのダイアログから「詳細を表示」→「この通知を表示するタイミングを変更する」をクリックするか、コルタナで「ユーザーアカウント」と検索して、ユーザーアカウント制御の設定画面を開く。ここのゲージを4段階で動かし、OKをクリックすればいい。
 
 初期設定では、上から2番目になっており、一番下に動かせばUACの通知を止められる。もちろん、ここのOKをクリックするには、UACのダイアログで「はい」をクリックする必要がある。
 
 もし、暗転するのに時間がかかるからオフにしたいのであれば、下から2番目にする手もある。UACの確認画面は開くが、暗転はせず、普通のダイアログとして表示されるのだ。
 
これで解決!
 
 UACの設定画面で通知しないように変更できる。暗転が嫌なだけなら、通知を受けるタイミングを変更すればいい。

 

 

【関連記事】

モリサワの「UDデジタル教科書体」が「Windows 10 Fall Creators Update」に採用

「RS4」が非“Skip Ahead”にも ~PC版「Windows 10 Insider Preview」Build 17017