Microsoftは16日(現地時間)、Windows 10 Insider Previewの「Build 17040」の配信をFast ringで開始した。

 Build 17040では、HDR(High Dynamic Range)対応ディスプレイにおいてHDRモード中に、SDR(Standard Dynamic Range)コンテンツの明るさを調整可能になった。HDR対応システムであれば、「設定→システム→ディスプレイ」のページ内に「HDR and advanced color settings」という項目が現われる。

 また、Fall Creators Updateで追加された傾きを利用する文字入力方式のshape-writingが、ワンハンドキーボードだけでなくワイドキーボードでも利用可能になった。ただし、現時点では対応言語に日本語環境は含まれていない。

 このほか、手書き入力機能に、文字間に簡単にスペースを入れたり、逆にスペースを削除するジェスチャ機能、手書き入力している文字を確定させるジェスチャ機能が追加された。以下のGIF画像のように手軽に操作できる。

 

 

【関連記事】

「Microsoft Office」に17年前からの脆弱性が発覚、月例パッチで修正

マイクロソフト、「高度に安全」なWindows 10デバイスの基準示す